2009年09月11日

郵便局の学資保険


学資保険の老舗といえば、郵便局ですね。
現在は民営化されて名称がかわり、株式会社「かんぽ生命保険」です。



かんぽ生命の学資保険は、新学資保険という名で、
貯蓄性を重視した学資保険に入院特約などの付加を選べます。



受け取り総額を50万円〜500万円から選ぶことができます。
学資一時金としては12歳、15歳、18歳、20歳又は22歳に支払われ、
早生まれの人には年齢を考慮されます。


また、受け取り総額が300万円の場合は、
大学入学時に学資一時金180万円、
20歳成人時に60万円、大学卒業時に60万円が支払われます。


また、同じ受け取り総額が300万円でも18歳満期の場合は、
中学入学時に学資一時金30万円、
高校入学時に30万円、18歳満期時に240万円が支払われます。



さらに、契約者が学資保険の保険金払込期間中に死亡した場合、
ご契約時の基本保険金額の12%の育英年金を年1回受け取れます。



かんぽ生命の学資保険を検討している場合は、
資料を請求し、
学資保険の特徴や保障内容などをしっかりチェックするといいでしょう。
posted by 子供保険 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | かんぽ 学資保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。